どのように电话会议プロバイダを選択するには?

近年では、电话会议は、世界中の組織のためにビジネスミーティングを開催ビジネス企業のための媒体をしている。ビジネスなど、競争は、これらの日が異なる电话会议プロバイダーの間で競争力があるとして。この環境は、適切な時が考えになることができますようにどれだけ多くの电话会议プロバイダのこのビジネスツールで利益を得るでしょう。

会議プロバイダを選択する最初の考慮事項は、どのくらいの頻度同社は通信用电话会议を使用して認識することである。おそらく同社は頻繁に、1週間などの2倍、週に1回電話会議を実行したり、月に一度の異なる部門があります。同社は、プロジェクトに基づいている場合、电话会议の利用が少ないが、まだ会議の量は毎月行わ呼び出しを得られる構成されます。

が最適な方法は、企業のマルチ並んでコールの練習の再発率を管理するために、以前の6ヶ月間の画像を取得し、実行コールを会議の規格番号を作成することです。これは会社に合計標準時間电话会议あたり生産の概念を提供します。このデータに便利にしてください。

次の動きは、マルチ並んでコールタイプの会社で利用形態を検討することである。同社は、特定の方と同時に、任意の电话会议プロバイダは、会社の動き会社が必要とするサービスの種類を提供することができますする場合があります。インスタンスとして、同社は最も頻繁に演算子を呼び出しのダイヤルアウトスタイルをsupported使用すべき、会社のための要件offers电话会议プロバイダとの会話にアクセスを持つことであるだけdial -サービス。会社の仕事の一部は、彼らが現在必要な会社に提供することはできませんマルチ裏地コードプロバイダを取り除くことです。

この段階では、企業に起動することも、彼らが将来的にしようとする余分なサービスの選択肢について考えている。同社は、特定の可能志願者のリストにそれを作ること电话会议プロバイダである必要がありますこれらの特性を得ています。生成公式欲しい物のリスト、それはアクセスも电话会议プロバイダをしっかり提供する必要が批判的に考えています。

この時点で、同社はサービスはすでに、彼らは近い将来に興味があるサービスの選択肢を採用の明確なイメージを持って、その次のステップは将来电话会议プロバイダのリストを蓄積することです。ほとんど电话会议プロバイダは、彼らが可能な会議プロバイダをしている場合には、識別するためにできるようにウェブサイトを会社のに十分な基本的な情報を提供します。

これは、この段階では、潜在的なマルチ裏地コードプロバイダは、使用状況や電話会議の頻度の平均ボリュームに関するいくつかの質問を聞いてきます中です。この基本的な情報を会議プロバイダを提供し、それらは、各电话会议プロバイダ彼らが話している彼らの評価の一環として、彼らは無料デモをあるいは能力無償で电话会议を保持するために要求している聞かせください。これは、可能性、顧客电话会议プロバイダの作成のため臨時要求されていません。